【インナーカラー×オレンジ】の教科書|色落ち後やブリーチなしは可能か解説

この記事でわかること
  • インナーカラーでオレンジを入れる方法
  • ブリーチはどのくらいすればいいか
  • 色落ち後の色について
  • 色落ちさせないためにできること

インナーカラーでオレンジにしたいけどどうすればいいの?

美容師がインナーカラーの疑問に答えていきます!

オレンジにしたいけど、ブリーチが必要なのか。色落ちはどうなのか。

きっと初めてオレンジにする人は不安なことが多いはずです。

少しでも不安がなくヘアカラーが楽しめるようにまとめましたのでぜひ参考にしてください!

【要点まとめ】

  • ブリーチは1回すると綺麗に発色
  • ブリーチなしでもベースによっては対応できる
  • 表面は暖色系で合わせるとバランスがいい
  • 色落ち対策はオレンジシャンプーがおすすめ
タップできる目次

インナーカラー×オレンジとは?|スタイル紹介

出典:LINEBLOG 落合健二
インナーカラーとは?

髪の内側を染めるヘアカラーのこと。
入れる範囲や場所、ベースカラー(表面)との組み合わせによって印象が変わるので、実は奥が深い!

インナーカラーのオレンジにするなら表面は暖色系か茶色系の組み合わせがおすすめ

暖色系は相性抜群

失敗しにくいインナーカラーの色の組み合わせは同じ系統の色同士で染めることです。

オレンジは、暖色系に分類されるので表面を何色にするか悩んでいる人は暖色系にすると可愛くなること間違いなし!

おすすめの色

  • ナチュラルブラウン
  • レッド
  • カッパー(オレンジ)
  • ピンク

暖色系に限らずインナーカラーの色の相性を決める基本なので覚えておきましょう。

インナーカラーは表面とのバランスも大切になってきますよ!

髪をオレンジにするのに必要なブリーチ回数は1回

ブリーチ1回でOK

オレンジのような暖色系は、ブリーチ1回でもキレイに染まってくれます。

アッシュやシルバーのような寒色系はブリーチ1回ですることは難しいですが、暖色系はブリーチ回数が少なくても可能なのでメリットです!

ブリーチのダメージが気になる人や初めてインナーカラーをする人にもチャレンジしやすい色なのも魅力です!

ブリーチ回数を知っていると難易度がわかるので参考にしてください!

補足

平均値として1回のブリーチと表記していますが、ブリーチ回数は髪質と状態によって変わります。
例としては黒染めをしていたり、カラーバターを使っている場合などが挙げられます。
美容師と相談しながら進めてください。

「インナーカラー×オレンジ」はブリーチなしでも13トーンあれば可能

オレンジはブリーチなしでもいけるのかな?

ヘアカラーで1番明るいベースに入れるなら、ブリーチなしでもできますよ!

数字が大きくなるほど明るくなります
  • 13トーン・・・ブリーチなしで可能な1番明るい色
  • 14トーン・・・ブリーチ1回
  • 15トーン・・・ブリーチ2回

ブリーチなしのヘアカラーでできる1番明るい13トーンほどの明るさがあれば、オレンジを入れることは可能です!

ただ、ブリーチをした時と比較をするとオレンジの透け感や透明感は控えめになってしまいます。

より鮮やかな発色を求める場合はブリーチを検討してくださいね!

オレンジの色落ち後は?|ヘアカラーとカラーバターで色落ちが違う

  • ヘアカラー・・・イエロー系になる
  • カラーバター・・・ナチュラル系になる

ヘアカラーとカラーバターで少し違ってきますので解説していきます!

オレンジをヘアカラーで染めるとイエロー系に色落ちしてくる

ヘアカラーのオレンジで染めたときの色落ちはイエロー系になりますが、理由としてはオレンジはイエローとレッドの2つを混ぜた色になるからです。

オレンジ自体にイエローが多く含まれているので、色落ちした際に黄色が残りややイエローよりになります。

汚い黄色ではないけど、やや黄色よりと覚えておいてほしいな

オレンジをカラーバターで染めるとナチュラル系に色落ちしてくる

カラーバターだとナチュラル系に近い感じに、色落ちするため金髪にはなりません。

金髪にならない理由は、カラーバター特有の色落ちのしづらさです。

色落ちしても少しは髪の中にオレンジが残ってくれるので、ナチュラルで止まってくれます。

オレンジの場合は、カラーバターの色落ちしづらさがメリットになるね

おすすめのオーダー方法|暗く・濃いめに色を入れてもらうと色持ちがいい

色が濃いほど色持ちがいい

少しでも色持ちをよくしたい場合は、希望色より少し濃く色を入れてもらうことがおすすめになります。

希望色の濃さにもよりますが、薄い色の場合1週間前後で色が落ちてしまい、ヘアカラーしたのに色を楽しむ期間が短く悲しくなるはず。

美容師目線でいうと、色落ちの過程すら楽しんでほしいからこそ希望色より濃くしてもらうのがおすすめ!

例外もあります

結婚式や同窓会など、イベントがあって理想の髪色で行きたいわ

大切なイベント前は希望色にしてもらって最高の思い出を作ってほしい!

あくまでケースバイケースになりますので美容師と相談してください!

色落ち対策|インナーカラーのオレンジを長く楽しむ方法

  • ヘアカラー・・・カラーシャンプー
  • カラーバター・・・同じカラーバターを使う

この2つで染めた際のオレンジの色落ち対策は違います。

ブリーチカラーは、色落ち対策が必須なので押さえておきましょう!

ヘアカラーのオレンジの色落ち対策はオレンジ色のカラーシャンプーを使う

オレンジ色のカラーシャンプー1択

カラーシャンプーは色を足してくれる効果があるので、色落ちを防止してくれるのに効果的です!

オレンジが抜けてきたな、、、

と色落ちが気になったタイミングで使うことで、オレンジを足してくれるのでまた楽しむことができます!

色落ち対策で使うカラーシャンプーは、クオルシアシャンプーのオレンジがおすすめです!

1度使うだけでも鮮やかに発色してくれる色の濃さがありますので、使いやすいです。

リンク貼っておきますのでご検討ください!

フィヨーレ(FIOLE)
¥1,678 (2022/05/21 12:31時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

カラーバターのオレンジの色落ちは同じ商品で染め直すのがおすすめ

同じカラーバターを使う

カラーバターの色落ちは、カラーバターで防ぐのがおすすめです!

同じ色で染めることによって、色が変に重ならないので1度目と同じような発色になります。

使う際の注意点としては、表面の髪にカラーバターがつかないようにしましょう。(表面が黒髪ならOK)

カラーバターは色素が濃いため、ブリーチをしていない表面の髪でも発色する恐れがあるのでオレンジにしたいところだけを染めてください!

(カラーバターは価格も高いので、もったいないですしね)

おすすめのカラーバター

エンシェールズ
¥1,909 (2022/05/21 12:38時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
補足

オレンジはカラーバターで染めた際に、カラーシャンプーでも一定の効果があります。
どうしても手元にカラーバターがないときは、カラーシャンプーのオレンジを使ってみるのもおすすめ!

まとめ|インナーカラーのオレンジはブリーチなしでも対応できる

  • ブリーチは1回すると綺麗に発色
  • ブリーチなしでもベースによっては対応できる
  • 表面は暖色系で合わせるとバランスがいい
  • 色落ち対策はオレンジシャンプーがおすすめ

今回はオレンジのインナーカラーについてまとめさせていただきました!

ブリーチ回数も少なく、髪のダメージを抑えつつ挑戦しやすい色です。

色落ち後も汚くならず、カラーシャンプーを使うことで長く色を楽しむこともできます。

年々人気が上がっているヘアカラーになりますのでぜひ挑戦してください!

フィヨーレ(FIOLE)
¥1,678 (2022/05/21 12:31時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
エンシェールズ
¥1,909 (2022/05/21 12:38時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
タップできる目次
閉じる