【ホワイトピンク】の教科書|美容師がブリーチあり・なしの髪色の違いや色落ち後の色を解説

この記事でわかること
  • ホワイトピンクのスタイルを紹介
  • ブリーチあり・なしでどのくらい変わるのか
  • 色落ち後の色について
  • 色落ちさせないためにできること

ホワイトピンクにしたいけどどうすればいいの?

美容師がヘアカラーの疑問に答えていきます!

ホワイトの透明感と、ピンクの可愛さが組み合わさったホワイトピンク。

ハイトーンカラーが好きな人は一度は試してみたい人気な色になります!

ただ、ブリーチ回数も2〜3回必要で色の調合も難しいので美容師の腕が重要になります。

さらに過去にカラーバターや黒染めをしているとすることが難しい色なので過去の履歴も確認することが大切です!

他にも注意点もありますので、試してみたい人はぜひ一度読んでほしいです!

美容師が詳しくまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

要点まとめ
  • ホワイトの透明感がたまらない
  • 過去のヘアカラー履歴によってはできない可能性がある
  • 色落ちはゴールドっぽくなり、キレイ
  • 色落ち対策はカラーシャンプーがおすすめ
タップできる目次

ホワイトピンクとは?|ヘアカラー画像の紹介

ホワイト強め

引用:minimo

ホワイトピンクベージュともいうよ!

ピンク強め

引用:HAIR

ホワイトピンクアッシュとも言われる色ね

インナーカラーのホワイトピンクも可愛くておすすめ

引用:TAKUMI CLOVER

ホワイトピンクは鮮やかな色なので、インナーカラーとしても美しいです!

表面は暖色系で合わせるか、暗めのヘアカラーにすると可愛いので参考にしてください!

インナーカラーなら派手になりすぎないからいいよね

ホワイトピンクにするにはブリーチは必須|ブリーチなしではできない

引用:minimo

2回以上のブリーチが必要

大前提でホワイトピンクは非常に難しいカラーです。

理由としては、ブリーチを2〜3回して髪を白っぽくする必要があるからです。

ブリーチが甘く、キレイに色が向けないとホワイトピンクに染まりませんが、やりすぎると髪のダメージが深刻なものになります。

ベースを作るのも大変なのに、ヘアカラーの調合も難しいので美容師の腕がかなり試されます。

ハイトーンが得意な美容師にお願いしないと失敗しやすいです

ホワイトピンクにするなら今までの髪の履歴が重要

  • 黒染め
  • カラーバター
  • カラートリートメント

上記3つに当てはまる人は、染めるのが難しくなってきます。

というのも髪の状態が悪いほどホワイトピンクは難しいんです。

ホワイトピンクにするには、今までの過去の履歴が重要になってきますが、上記3つを過去にしたことがある人はブリーチをしても完全に色が抜けません。

そのため、ピンク系はできたとしてもホワイトピンクには無理です。

ホワイトっぽい透明感を出すなら、髪のコンディションを整えるのが先です。

無理に染めても失敗して色ムラになるだけなので注意しましょう。

難易度が高いから、履歴から確認することが大切ですね

ホワイトピンクは色落ちしたら汚いの?|キレイな色落ちを楽しめる

透明感のあるゴールド系に色落ちする

ホワイトピンクは、ゴールド系に色落ちします。

比較的にキレイな色落ちなので、次回のヘアカラーにも影響は出ません。

ブリーチも2回以上しているため、透明感もあるのでキレイですよ!

ホワイトピンクの色落ち対策は薄めのピンク色のカラーシャンプーを使う

ピンクシャンプーのおすすめを美容師が解説

ホワイトピンクの色落ち対策は、カラーシャンプーのピンクを使う

ただ、カラーシャンプーを使う際にも気をつけないといけないことがあります。

色落ち対策が難しいってどういうことなの?

ベースが白っぽいので、色が入りすぎてしまう可能性があるんですよね

ホワイトピンクはブリーチを2回以上しているため、カラーシャンプーの効果が効きすぎてしまうんです。

使うカラーシャンプーと、放置時間を間違えるとどんどん色が入ってしまいピンクが強くなってしまいます。

もし色落ち対策をする場合は、できるだけ染料の薄いカラーシャンプーを短い時間で流していただくと失敗も少ないと思います!

おすすめのカラーシャンプーも紹介しておきますね!

エヌドット
¥2,523 (2022/05/01 19:20時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

注意点|セルフカラーは難易度が高すぎておすすめしない

ホワイトピンクは色の調合が難しいからセルフカラーはおすすめしない

ホワイトピンクをセルフカラーで染める場合は、色ムラになる可能性が高い!と理解して染めてほしいです。

ベース作りが何よりも大切なヘアカラーなのでブリーチを失敗するとムラになります。

色の調合も薄めにする必要があり、ブリーチの抜け方によって繊細な調合が必要になります。

セルフカラーは難易度が高めなので、セルフで染める場合は注意してほしいです。

狙った色にしにくいので美容師に相談する方が確実ではありますね

まとめ|ホワイトピンクは難易度が高いからこそ、挑戦したい髪色

要点まとめ
  • ホワイトの透明感がたまらない
  • 過去のヘアカラー履歴によってはできない可能性がある
  • 色落ちはゴールドっぽくなり、キレイ
  • 色落ち対策はカラーシャンプーがおすすめ

今回は「ホワイトピンクの教科書」ということで、色落ち過程や色持ちをよくする方法などもまとめました。

ホワイト系なので、ブリーチをいかにキレイにするかが1番大切になりますので、髪の状態に合わせた提案をする必要があります。

もしホワイトピンクにする際にはブリーチの得意な美容師にお願いすることが必須です!

ただ、難易度が高いからこそあまり見かけることもないですし、やる価値がきっとあるはずです!

少しでも不安がなくヘアカラーが楽しめるようにまとめましたのでぜひ参考にしてください!

エヌドット
¥2,523 (2022/05/01 19:20時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
タップできる目次
閉じる